2022年5月2日の頭髪

それでは、2022年5月2日時点の私の頭髪をさらそう。

絶望的である。

こうやって写真を撮ってみると、絶望的であることが分かる。

いつも鏡の前では正面しか見ないから、「まだ大丈夫かな?」って思うけど、

上から撮影してみるとそんなことはない。

絶望しかない。

いや、もっともっと薄毛の人は世の中にたくさんいる。

ツルツルの人だって沢山いる。

しかし、そんな薄毛比べをしていてもどうしようもないのだ。

自己評価として、薄いのか薄くないのか?

結論は、薄い、だ。

逃れようのない薄さである。

ここから、奇跡的な復活を遂げるのだ。

その様を、暖かく見守っていただきたい。